イングのリフォーム

ingreform.exblog.jp
ブログトップ
2013年 01月 29日

これからエコな暮らしを

所在地:秋田市
工事時期:H24年10月
工事内容:吹き抜け防寒建具設置・出窓ガラス交換と下収納の造作・外壁補修
       床断熱材施工・暖房機設置・雪止め設置


S様宅は、リビングが吹き抜けになっいて2階のホールへつながっています。
6帖分の吹き抜けは開放感がありますが、冬の寒さがつらいのでどうにかしたい
との依頼でした。断熱気密をあまり重視してなかった時期の建物なのでしょう、
暖かい空気はどんどん上に逃げていってしまいます。


メイン工事は吹き抜けを建具で閉じれるようにすること、その他気になっていた箇所の
リフォームもすることになりました。


吹き抜け部分before
a0241714_13432335.jpga0241714_13372545.jpg




吹き抜け部分after
a0241714_13574681.jpg


吹き抜けの真ん中に梁を入れ、反対側も付梁をつけました。
そして建具のレールをつけていきます。


a0241714_13581483.jpga0241714_1431959.jpg




a0241714_1454118.jpg







ワーロンプレートを入れた木調のアルミ建具は特注で制作。
(全部閉めると写真右下)
計6枚、ロッド棒で開閉します。寒い冬、暑い夏、無駄にエネルギーを使わず、
効率よく冷暖房できると思います。


a0241714_15414272.jpga0241714_1464049.jpg





出窓下収納造作before
a0241714_14373297.jpga0241714_14402727.jpg

キッチンとリビングの出窓の下を収納にします。

出窓下収納造作after
a0241714_14424175.jpga0241714_14425889.jpg












それなりの荷重になるので出窓下に基礎施工。
造作していきます。


a0241714_1455124.jpga0241714_145519100.jpg

収納量が増えました。ストーブも出窓の下にすっきりと収まります。
窓のガラスもエコガラスに交換。






床下断熱改修beforea0241714_1533551.jpga0241714_1552439.jpg

ポリスチレンフォームの断熱材はこんな感じで落ちている場合が多いです。
しかも断熱材が入っているところと入っていないところがありました。


床下断熱改修after
a0241714_15384678.jpga0241714_9352187.jpg


床下全体にアイシネンを吹き付け。





外壁補修before
a0241714_15302960.jpg

外壁補修after
a0241714_934697.jpga0241714_15352742.jpg

内部に水が入って行く前に補修ができてよかったです。この後、補修部分は塗装しました。





雪止め設置before-after
a0241714_15445238.jpga0241714_1545261.jpg



エコ  っていろんなイメージがありますが、光熱費を抑え、家計の負担を減らしたりすることもエコロジー!
前よりも地球に優しい家になりました。
[PR]

by ing252525 | 2013-01-29 15:23 | エコリフォーム


<< クローゼットリフォーム      安心・快適あたたかいお風呂に >>