イングのリフォーム

ingreform.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 11日

ガスコンロとトイレのリフレッシュ

所在地:秋田市 A邸
工事時期:H25.4
工事内容:ガスコンロ交換・トイレクロス張替と便器の交換


ガスコンロの交換a0241714_1317694.jpga0241714_13172338.jpg


ガラストップの天板はサッと拭くだけでOK。大きくて洗うのも大変だったごゴトクも小さくシンプルに。
お手入れラクラクです。


トイレ
a0241714_13303324.jpga0241714_13304689.jpg


便器はタンクレスに。ゆとりある空間になりました。超節水型で環境に優しく経済的です。
汚れにくい素材と掃除しやすい機能で、こちらもお手入れラクラクです。
床のクッションフロアーと天壁クロスも貼り替えして、快適な空間になりました。








a0241714_1354722.jpg

[PR]

# by ing252525 | 2013-09-11 13:55 | 水まわりリフォーム
2013年 09月 11日

外装リフォーム

所在地:秋田市 T邸
工事時期:H25.3
工事内容:外壁・パラペットの修繕


a0241714_11493359.jpga0241714_11495325.jpg


昭和レトロな外観。でも長い年月でひび割れや、汚れが目立ってきたので部分的に修繕しました。
正面はパラペットを解体し、サイディングを貼りました。見た目も一新し、イメージも近代的になりました。







a0241714_1356477.jpg

[PR]

# by ing252525 | 2013-09-11 12:09 | 外部リフォーム
2013年 02月 27日

クローゼットリフォーム

所在地:秋田市
工事時期:H24年12月 10日間
工事内容:クローゼット改修・収納・トイレ増設


a0241714_923214.jpg

クローゼットに収まりきれなくなってきた洋服、バックなどの小物。使いやすく収納すると気持ちよく生活できます。
わかってはいるけど毎日の生活に追われついつい後回しになってしまいがち。
まずは、いらないものは捨てる…から始まりです。


収納力だけ考えがちですが、大量に詰め込んでどこに何があるかわからない…では意味がないので
今回はよく見渡せるようにリフォームです。
寝室についたクローゼットの一部を改修し、トイレを新たにつける工事もおこないました。



a0241714_10463958.gif


a0241714_1114956.jpga0241714_10563475.jpg
回転するとはいえ、奥まっていてなんだか使いづらそうだった回転ハンガーは寝室側に移動します。
取り付ける折り戸はクローゼットの入口に使用していたものを取り付けます。

奥から取り外してでてきたのは、高さも調整できる、大容量の立派な回転ハンガー。





a0241714_1141450.jpga0241714_1143391.jpg
建具をはずし、壁を撤去。床を剥ぐと以前リフォームした時に敷き込んだらしい炭が一面に。

炭は調湿とか防腐効果があるといわれていますので、もちろんそのまま。
いったんとりだしてトイレ配管をしました。





a0241714_11164445.jpga0241714_11171258.jpg
トイレの建具枠取付。新たに窓もつきました。
お客様が用意してくれたステンドグラスも取付完了。





a0241714_11261015.jpga0241714_11262530.jpg
回転ハンガーも新たな位置に設置し、クロス下地に入りました。クロスを貼り、照明器具を取り付けて完成。







ウォークインクローゼットbefore
a0241714_1135498.jpga0241714_11394934.jpg


ウォークインクローゼットaftera0241714_11352257.jpga0241714_1135388.jpg




タンス置き場before-after
a0241714_11433559.jpga0241714_11434885.jpgクローゼットの入口に使っていた既存の建具を移動。
タンス置き場は壁面クローゼットに。


中には回転ハンガーがあり、扉を置けると洋服が見渡せるようになりました。
すぐ横の収納は似たタイプの戸を取付。

寝室に置いているタンスは地震の時凶器になりえます。
そのまま置いている方はきちんと対策を。








トイレ
a0241714_11581120.jpga0241714_11583281.jpga0241714_1204255.jpg


寝室から便利に使えます。
最近のトイレはスゴクよくなっています。従来品より68%節水、便器の陶器表面は100分の1mmナノレベルでツルツルだそうで。
だから汚れが付きにくく、落ちやすい。なんともすばらしい。
手すりと収納もつけました。


使えるものは使って。お客様からいっていただき、クローゼット建具はそのまま移動して、クローゼット内部にあった建具は高さを切り詰めして出窓の下に、回り縁や巾木も大工さんに丁寧にとってもらって、使いました。真冬の寒い時期でしたがお客様・各業者の協力でいいリフォームができました。
[PR]

# by ing252525 | 2013-02-27 12:11 | 収納リフォーム
2013年 01月 29日

これからエコな暮らしを

所在地:秋田市
工事時期:H24年10月
工事内容:吹き抜け防寒建具設置・出窓ガラス交換と下収納の造作・外壁補修
       床断熱材施工・暖房機設置・雪止め設置


S様宅は、リビングが吹き抜けになっいて2階のホールへつながっています。
6帖分の吹き抜けは開放感がありますが、冬の寒さがつらいのでどうにかしたい
との依頼でした。断熱気密をあまり重視してなかった時期の建物なのでしょう、
暖かい空気はどんどん上に逃げていってしまいます。


メイン工事は吹き抜けを建具で閉じれるようにすること、その他気になっていた箇所の
リフォームもすることになりました。


吹き抜け部分before
a0241714_13432335.jpga0241714_13372545.jpg




吹き抜け部分after
a0241714_13574681.jpg


吹き抜けの真ん中に梁を入れ、反対側も付梁をつけました。
そして建具のレールをつけていきます。


a0241714_13581483.jpga0241714_1431959.jpg




a0241714_1454118.jpg







ワーロンプレートを入れた木調のアルミ建具は特注で制作。
(全部閉めると写真右下)
計6枚、ロッド棒で開閉します。寒い冬、暑い夏、無駄にエネルギーを使わず、
効率よく冷暖房できると思います。


a0241714_15414272.jpga0241714_1464049.jpg





出窓下収納造作before
a0241714_14373297.jpga0241714_14402727.jpg

キッチンとリビングの出窓の下を収納にします。

出窓下収納造作after
a0241714_14424175.jpga0241714_14425889.jpg












それなりの荷重になるので出窓下に基礎施工。
造作していきます。


a0241714_1455124.jpga0241714_145519100.jpg

収納量が増えました。ストーブも出窓の下にすっきりと収まります。
窓のガラスもエコガラスに交換。






床下断熱改修beforea0241714_1533551.jpga0241714_1552439.jpg

ポリスチレンフォームの断熱材はこんな感じで落ちている場合が多いです。
しかも断熱材が入っているところと入っていないところがありました。


床下断熱改修after
a0241714_15384678.jpga0241714_9352187.jpg


床下全体にアイシネンを吹き付け。





外壁補修before
a0241714_15302960.jpg

外壁補修after
a0241714_934697.jpga0241714_15352742.jpg

内部に水が入って行く前に補修ができてよかったです。この後、補修部分は塗装しました。





雪止め設置before-after
a0241714_15445238.jpga0241714_1545261.jpg



エコ  っていろんなイメージがありますが、光熱費を抑え、家計の負担を減らしたりすることもエコロジー!
前よりも地球に優しい家になりました。
[PR]

# by ing252525 | 2013-01-29 15:23 | エコリフォーム
2013年 01月 28日

安心・快適あたたかいお風呂に

所在地:秋田市
工事時期:H24年10月
工事内容:浴室増築・ガス暖房工事



かつて家族で住んでいた大きな家。現在はお母さんがお一人で住まわれています。
暖かい居間から寒い廊下を通って、寒いお風呂での入浴。寒くなると気が進まない上、ヒートショックも心配です。
それを気遣った娘さんからの依頼でした。

検討して、暖かいLDKから直接浴室に行けるように、1坪増築することにしました。


基礎工事
a0241714_10415883.jpg

浴室になる部分、1坪。



増築の場合既存基礎との一体性が重要です。
アンカーでしっかり接合。
基礎断熱です。





外部工事a0241714_10505897.jpg
外壁をはいだら、また外壁が。
いろいろ手をいれて、大事に住まわれています。






a0241714_11373937.jpga0241714_1123376.jpg


屋根も古い所を剥いで、増築部分と一体化。新築同様GWで断熱します。






a0241714_1111256.jpgシートを貼って通気胴縁施工。断熱サッシ取付。





a0241714_11134648.jpg
外壁・コーキング・破風・雨樋取付
外回り完了。




内部工事
a0241714_11463020.jpga0241714_1146541.jpg

浴室内部はしっかり気密シートを施工。増築に伴い浴室に接する和室部分の改修。





a0241714_13305282.jpga0241714_13315552.jpg


ガスボイラーの設置工事。LDKを暖める温水ルームヒーター用。このプラグまでの温水配管工事もあります。
暖房が必要ない季節は、温水プラグをはずして暖房機は移動可能。


完成写真
浴室a0241714_13444127.jpg

お手入れしやすく、保温性の高いユニットバス。入り口や浴槽横に手すりをつけて安心です。



浴室前廊下before - after
a0241714_13524392.jpga0241714_1353347.jpg


暖かいダイニングからお風呂へ直行。これで体への負担も無くなります。



和室押入before - after
a0241714_1420181.jpga0241714_14202513.jpg


新たに床面積を増やさないよう、押入だった部分を少し廊下にしました。
改修部分も最小限に。


暖房機before - after
a0241714_1427398.jpga0241714_14275950.jpg


暖房用ガスボイラーと暖房機。温水式のルームヒーターは室内に排気ガスを放出しないので室内の空気を汚さず、不完全燃焼による事故や換気の心配はありません。奥行き20cmのスリムデザインで設置場所や、シーズンオフの収納場所もとりません。

これからは暖かく快適な冬を過ごしていただけると思います。
[PR]

# by ing252525 | 2013-01-28 10:55 | 水まわりリフォーム